アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

私は人を楽しませることは嫌い!byアスペ夫人

今年、3月のこんなメモが出てきました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、久し振りに濃いお付き合いをして、ちょっと書こうかなと思いました。

パート1も書いたこと再び!

食事時の恐怖は

アスペ夫人が、人を差し置いて真っ先に料理を食べてしまうことです。

ある記念もあり、私がアスペ夫妻をご馳走することになった。

料理を注文して、インスタ映えするアツアツの焼き鳥が出てきたので
アスペ夫人に、写真を撮ることを伝えた。

私「食べるのちょっと待って!写真撮るから」といって、バッグからスマホを出している隙に

アスペ夫人が、その焼き鳥をぱくっと食べてしまった。

あああ~なんと!!

私「あっ!写真撮ろうかと思ったのに」と言った。

アスペ夫人「だって、熱いものは熱いうちが美味しいのよ」
と、いってのけた。

ギョエ~!

それ以降、写真をとる気が無くなってしまい、なんだかつまらない飲み会になってしまった。


それから、何日かして、三人で中華を食べたときのこと。

早速、焼き餃子が出てきた。

もちろん、
まっさきにアスペ夫人が手をつけたのである。



そして、次々と全ての料理に手をつけ、残りも全部平らげた。

〆にご主人が、ワンタン麺を頼んだ。

すると、アスペ夫人がワンタン麺を小鉢に取り分けていたので、てっきり、ご主人に渡すのかと思ったら、自分用として、食べよとしていたのである!

あっと、思い

私「まず、ワンタン頼んだご主人からね~」

と言って小鉢を取り上げてご主人に渡した。

アスペ夫人、ちょっと不満そうだった。



そして、わんたん麺が残ったのを、アスペ夫人は誰にも断らずにイッキに平らげた。

普通なら残りを食べて良いか、ご主人や私に聞くだろう。

しかも、次ぎにやったのは、無言でご主人の湯呑み茶碗を取り上げて、お茶をゴクゴク飲んだ。

他人もいるんだし、親しき中にもなんとやらでしょう!

そして、椅子の背もたれにノケゾッテ、空を見つめ満足そうにふぅ~とため息をついた。


この間、夫人はほとんど会話はしないし、食べることに集中しているようだ。

夫人は楽しい会話より食欲が優先するのだ。

夫人は
会食の意味を理解していない。というより、
たぶん、おごってくれる人のよいスポンサーがいて、ラッキー!

くらいなもんでしょう(笑)

最近は聞かない言葉
「食い意地が張っている」

という表現は悪いが、アスペ夫人は、そんな食べ方なのである。

それは、いつもで、他人がいたり、接待の場でもそうなのである。

家と外の区別がつかない様子。

これも脳の障害だから、仕方ない。

ただ、最後にアスペ夫人言ったのは

「私は人を喜ばせたり、楽しませたりするのが大嫌い。私が真っ先に楽しみたい。それが人生でしょっ?」

であった。

いっながら、ご馳走してくれた人へのお礼や感謝の言葉もない。

もちろんそんな言葉を期待はしないが、礼儀としてのお礼の言葉は、社会生活においては必要なことなのである。

そういった基礎がわからない妻、それを教えたり学ばせない夫。

双方が問題なのかもしれない。

目の下どうしたの?!人の心の傷に焼け火箸!

またまたアスペ夫人の攻撃にあった!

7月の初旬、ご主人が急病で病院に駆け込んだときのこと。

待ち合い室で、
アスペ夫人が、私の顔をじっとみて、目の下のニキビみたいなものを、見て

「目の下どうしたのっ!!」と大きな声で騒いだ。

騒いだと書いたのは、

普通、本当に心配するなら、耳元でそっと、目の下どうしたんですか?と聞くでしょう。

でも、アスペ夫人は、周囲に聞こえるように、やんやするというが、はやし立てるように言うのだ。

心配して言うのではなく、不思議なものを見るように指摘するのである。

それで私は「陽子に関することは云わないで宜しい」と言った。

するとアスペ夫人は「あっ、そうか」と言った。


その意味は、以前もそういうことがあって、誰かに叱られたのではないかと思う。

それも何人にも。

それを思い出したのか、ピタッと話をやめた。

いけないことを言ったという認識は、あるが、事前に判断すれば、人に嫌な思いをさせないで済むが

悲しいことに、アスペルガーは失敗を学ぶことができないのか、、何回も同じ失敗をする。

私なんか、足の火傷、頬の上の大きなシミ、そして、目の下のオデキ・・・。

3度も、傷ついている。

人が容姿で気にしていることを、火箸でえぐるみたいなことは、やめたほうが良いと思うのです。

思い出した!緊急避難で、夫入院!

昨日、久しぶりに、打合せでご主人と会った

その時に出た言葉

すっかり忘れていたけど

ご主人が退院して1ヶ月くらいたった時に

あまり記憶がないが

血圧が500くらいになって、入院したことがある。


しかし、それはご主人によると

妻からの緊急避難だったと言う


日々の暮らしはわからないが、私が見舞いに行ったりしたときに垣間見られたのは

過干渉かな?

箸の上げ下ろしから、ご主人の自由を束縛するような、過保護を通りこえて、夫への執着ぶりは、異常だった。

しかも、食事に関しては、塩分やタンパク、カリウムなどの制限を無視して、自分の理屈で食事を与えていた。

そんなこともあり、体調が急変し、緊急の入院だった。

この入院は、妻からの避難だったと、ご主人は昨日も告白した。

精神的なストレスが、身体に出てしまった結果だ。

アスペルガーの災難にあった恐ろしい話だ。

やはり異常が証明された?アスペ夫人の行動

先日の上映会の懇親会の時のこと。

あれっ?!

やっぱり、私の感覚の方が正しかったのかな?と思う出来事があった。

どういうことかというと


イベントや仕事の場所、または打上げなどに奥さんが参加することについてである。

一般的には、宴会も最初に挨拶だけして、帰るのが奥さんの役割なのだが・・・。

アスペ夫人は、受付や、宴会も二次会三次会までいる。

やはり、奥さんが居ないところで、どんちゃんやりたいのが夫や社員の気持ち。

だけど、会社を閉める2年前くらいから、アスペ夫人が飲み会の最後までいることが、多くなり、仕事仲間は、忘年会など夜中まで楽しむことがなくなった。

少しづつ、ご主人の求心力がなくなってきたのは、否めない。

奥さんが宴会の最後までいるという、異常さ。

人もどんどん離れていく。


私は慣れてしまったので、気を使いつつ飲んでいた。

気を使うというのは、ご主人にお酌したりすると(ご主人だけではない)睨まれるので、そういったことをしないようにしていた。

前にも、ご主人がタバコを吸っていた頃に、私の前前にあったマッチを、ご主人の方に置いてあげたら、奥さんから怒られた経験がある。

私もタバコを吸っていたので、それは自然の行動なのだが、それをアスペ夫人は私の夫への好意からの行動と受け取ったようだ。

さて、本題に戻る

先日の上映会の懇親会で、ご主人の部下の女性、Tさんが久しぶりに参加した。

その彼女が、こんなことを私に言った。

「奥さん、前もイベントなどで受付やってましたよね~。いつも、(宴会にも出てる)やってるんですか?」といようなことを言っていた。

私は、何でそんなことを言うのか答に迷った。

今回も、アスペ夫人はメニューを夫と選び、料理を取り分けたり、甲斐甲斐しく夫を面倒みていたのである。一般的には、こういう場で奥さんはそういう態度は見せないものだが、アスペ夫人は気配りが出来ないから、皆の前で平気でやるのだ。


それを言った彼女は、60歳を過ぎた独身である。


人前でも、堂々と夫婦の仲むつまじい所を見せつけられれば、独身女性は心穏やかではない。

お客様の中でで、別居状態のご主人がもいたのである

そんなことから、彼女は、やんわり苦言を呈したのである。

やはり、仕事関係に奥さんが登場するのは如何なものか?という当たり前のことを、私も忘れてしまってた。

長年に渡り、アスペ夫妻に鈍化させられてきたのかもしれない。

ややともすると、アスペ夫人のことを書いているが、夫婦へのやっかみとか、妬みとか言われそうだが

そうではない。

アスペ夫人の異常な行動を知らしめることによって、アスペルガー症候群に困っている人への少しでもエールとなればと思ってのことである。

Tさんの発言により

やはり、アスペ夫人への自分の感覚が正しかったことが証明されたようで嬉しかった。

驚愕!夫の命よりよりも、数値が大切なのか!!

驚愕の出来事が勃発しました!

ちょうど5日前のこと。

朝9時半くらいに、アスペ夫人から電話。

「主人がガタガタ震えが止まらなくて、押さえつけてもだめ、主人があなたを呼ぶようにって!」慌てている様子。

次にご主人が代わり、すぐ来て欲しいという。

出掛ける用意をしていてので、約束先には連絡してから、アスペ夫人宅へ向かう。

着いたら、ご主人はベッドで、足が震えていた。顔は真っ赤で、額にてを当てると高熱。たぶん38度以上だろう。

すぐに冷蔵庫に走り、氷やタオルを探す。氷はわかったが、タオルが見つからない!

アスペ夫人は台所に来ず、何をしているのか?

後でわかったのだが、なんと、熱を計っていた!!

ぎょえ~!!

計らなくても額に手を当てればわかる、首まで真っ赤で、ふーふーいってるのだから。

何度かを知るより、まず熱を下げろだろう!

氷で冷やしてから計ってもいい。

とにかく、、やりかたがちぐはぐだ。

すぐに病院に電話して緊急だと伝えるように夫人に頼んだ。

しかし、なかなか病院の電話番号が出てこない。

アスペ夫人はカバンを探して探して、病院のパンフレットを出してきた。

私は「これ、代表電話?予約受付の番号ないの?」と、少し声を荒げた。

仕方ないので、代表にかけて、緊急性を伝えた。
すると受付嬢が「住所は」と、聞くので、町名までは言えたが番地はわからず、アスペ夫人に、番地を聞くが、答えられない!!

ええ~?番地わからないの?!

するとベッドのご主人が、声を振り絞って番地を言った。

・・・ここで、アスペ夫人を怒る暇はない。

それから、すぐにタクシーを呼ぶ。

その、間に、熱を下げないとと、とまた冷蔵庫に向かう。

ビニール袋に保冷材とタオルを入れて夫人に持たせる。病院で待つ間も熱を下げる計画だ。

そして、タクシーが来た。

病院について、すぐ車椅子を探すが、ないので、警備員に車椅子を頼んだ。

高熱の場合、フラフラして危ないからだ。

そんなこんなで、私が車椅子を押し、採尿でもトイレまで入って尿を提出するまでケアをする。

その間も夫人は待ち合い室で待っている。不思議どがご主人の介助をしないのだ。

しかも、しかも熱を下げなければいけないのに、ご主人が冷たすぎると言うので、氷のタオルをとってしまったのだ!!

私は氷をやめて、水だけで首回りを冷やした。

アスペ夫人は、一生懸命、前回のデータたと今回のデータ?なのか?見比べて確認中。

夫の解熱には、無関心だ、驚愕!



やっと診察。やはり熱は38度3分だった。

しばらくすると、熱もすこしづつ下がってきた。

帰る頃には元気になっていた。


とにかく驚いたのは、ご主人が熱でフーフーいっているのに冷やさず、体温計で計っていたことや、病院やタクシー会社に連絡しないなど、何もやらなかったことだ。


夫の身体を冷やさずに、体温計で数値を記録することに専念するアスペ夫人。。

命より、数値が大切なのか??

これはアスペルガー症候群というより、精神的に破壊されているのではないか?
他の精神的な病なのではないか?と真剣に思う。

アスペ夫人の社会勉強その2

上映会の打ち上げの問題!?

何が問題なのかというと

アスペ夫人の打上参加には問題があるのだ。

ええ~っとお思いの方もおられると思いますが

どういうことかというと

今回の上映会は、ご主人の病からの仕事復帰の第一段であり、若い頃に仕事をした会社の上司や部下も応援に駆けつける。

まぁ、ご主人の一斉一代の事業です。

奥さんとしては、ご主人の病気を心配したり、応援してくれた方々への感謝の日でもあります。

特に、今回は映画の許可や映像提供をしてくれた上司が主賓の宴でもあります。

そんな大切な宴会なのです。

打ち上げは、ご主人がお世話になった上司や部下に感謝し、もてなさなければならないのだ。

まぁそれが妻としての役目なのだが、そういった気持ちや責任感はアスペ夫人にはない。

一般的に見ても常識的なことだ。

妻の役目が判っていない。というか自覚がない(笑)のではないか?と思う。

いや、判っていても、

以前夫人は「私は自分が楽しむのは良いが、人を楽しませるのとはしたくない」と公言したのである。

ええ~っ?でしょう!!!

そうなんです、今までも、そういった場面がいくつもあったが、真っ先に宴席に混じり、飲みはじめるのである。

しかも、持ち込み料理での宴会でも、途中、料理が足りなくなっても台所に立たないのだ。おきゃくさんと一緒に飲んでいるのだ!

仕方がないので、いつも、私が料理や酒の塩梅を見ながら台所に立つことになる。

ただ、今回は、今までのイベントや誕生会とは訳が違う。

御礼の場、感謝の宴会なのである。また、何十年ぶりに会う仲間との再会の場である。

妻としては、皆さんに感謝し、もてなす場面である。


しかし、それはしないだろうと、事前に

ご主人に、奥さんがちゃんと接待してくれなければ、宴席に出ないで欲しい。と訴えた。

私は、三ヶ月も四ヶ月も準備をし、上映会当日は、上映やお客様の誘導、展示などでへとへとになってる。

そのうえ、宴会で、私がご主人の仲間を接待するのは相当辛い。だから今回は奥さんが幹事をやって欲しいとご主人に伝えた。

ご主人から、それでは入り口に座らせて、酒や料理を注文させるとのこと。

私は了解した

アスペ夫人は、飲み屋で料理や酒の注文をしたことがない。と言う。だから、注文の仕方がわからないというのだ!

これには驚愕した!

ご主人が入院時、何回か夫人と食事をしたことがある。その時は、普通に注文していた・・・が

料理の注文をしたことがない??
そんな人はいないと思うな。

要するに「自分はお客さんでいたい!」ということのようだ。

そして、宴会。

アスペ夫人は、店に着くなりトイレに入った。

なので、大部遅れて席に着いた。

私はメニューを夫人に差し出して、料理の注文をするよう促した。

すると、、なんと夫人は子供みたいなことをしたのである。

カバンのなかを何かを探しているのだ。どうも眼鏡のようだ。なかなか見つからない・・・風を装っている(笑)

その意図が分かったので私は「ゆっくりでいいですよ」と言った。

しかし、夫人はまだ眼鏡を探している

よつぽど料理の注文するのが嫌なのだろう。

そして夫人は、探しながらご主人に「あなた、注文して」と言ったので

私は「どうぞ、ゆっくりでいいですよ」と言った。

やっと眼鏡をみつけ、ご主人にどれがいい?とか聞いている。

でも、ご主人もアスペ夫人が注文することを約束したので、メニューを一緒に見るものの、アスペ夫人に選ばせていた。



彼女が料理を頼んだのは、蕎麦がきと、蕎麦寿司である!!



蕎麦は、〆で頼むものだが・・・


アスペルガー症候群は、想像力が働かない。

だから、お客様を待たせないように、最初は枝豆や冷奴など、早くくるものを頼み、

そのあとには、刺身や焼き鳥や唐揚げ的なもの。

そして、サラダや御新香などを頼み、最後に蕎麦を頼む・・・。

そういった食べ物の配慮がないのもアスペルガーの特徴である。



ご主人は、以前夫人に「結局自分の食べたいものしか頼まないんじゃないか?」と笑っていた。

ご主人が平気でそういうことも問題なんだけどなぉ。

それで、アツアツのソバがきが来た。
ソバがきと、別皿に揚げ玉と、ネギと、わさびと海苔がついてきた。

ソバがきに薬味をかけて食べるようだ。

しかしアスペ夫人は、お客様に取り分けようとしないので

8人分、皿に小分けにするように夫人に言った。

やり方がわからないらしく、仕方ないので、私がソバがきを皿に取り、醤油をかけたものを夫人に渡し、ネギや揚げ玉などをかけてもらうようにした。

二人で連携作業でソバがきを小分けにすることになった。

まぁあいいけど、普通は一人でそんなことをやるものだ。


そして、アスペ夫人は自分が食べるのが最後になってしまったので、夫人はこう言った。

「熱いものは熱いうちに食べるのが私のポリシーなんだけどなぁ」と不満そうに言った。

ビックリ!!

いつもアスペ夫人は、好きなものを熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに食べたいので、真っ先に箸をつけるのだ。

ご主人がいても、お客様がいても、先に箸をつけるのだ。

これは、こどもの頃のしつけの問題だな~(笑)というか、自然にみにつくものだが。

旦那が恥をかくだけだからいいけどね。

要するにアスペ夫人は熱いうちに食べたい。
だから、ソバがきを8人分分けるのが嫌だったようだ。

誰よりも先に食べたいのだ!



これは、個人主義の最たるもの。

社会生活は困難な気がした。

ほおっておいたご主人にも問題が、あるんだなぁとつくづく思った。

ふぅ~。

アスペ夫人の社会勉強。

ある映画の上映会を実施した

運営をしているのが、私やアスペ夫人のご主人を中心とした委員会

上映会には、コーヒーをサービスしたいとアスペ夫人が言っているとご主人から聞いたので

それは、良いことだから、奥さんに任せます。とご主人に伝えた。

アスペ夫人が人にサーピスをするという発想になったのは素晴らしいことだ。

何かあったのかな?
でも、やらせてみるのも良い勉強だ…

そう思っていたが

しかし、いつになっても、コーヒーはホットかアイスか、また数量やどうやって提供するのか?

などなど、一向に連絡がない。

アスペ夫人は、、その病から先を予測して動くのは難しいので、細かく確認をしないと、こちらが恥をかくことになる。

連絡がきたのは、客席が80人なので80人分で、お茶とコーヒーを半々とのこと。

ポットは25人分しか入らないという。
あとの15人分はどうするんだろう???

しかし、アスペ夫人からは、数の相談やポットの依頼等はなく、、音信不通(笑)

それで、私は

「皆さん、お茶は持っているから、コーヒーを6:4とか8:2で、多くしたほうがよい」と連絡した。

紙コップも小さいもので。

休憩は15分。普通のカップでは飲みきれないから、小さいカップで、自由に何回も飲めるようにしたら?

とも、伝えた。

テーブルクロスやナフキンなどなど、備品は私が用意する。

コーヒーを任せると言ったものの、結局、あたふたとミルクを買ったり、市販のアイスコーヒーを買うことになった。

上映会当日までに疲れきってしまった。

そして、当日、アスペ夫人は普通の200CCの白い紙コップを持ってきた…。

私は小さいのにと、言ったはずだが。

私はそれを見越して150CCの、クラフト紙の茶色の紙コップを買ってきておいたので、それで対応した。

あとあと考えたらカンコーヒーは45円くらいで手に入いるから、一本づつ受付で渡せば良かったと思った。

でもこういう経験は、アスペ夫人の社会勉強だから、やってみた甲斐はあったと思う。