読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

一般常識がない、欠落している・・・やはり脳の障害?………

日常、あまり「普通は」とか「一般的に」とか「通常は」とか使わないような気がするが

どうしてもアスペ夫人と接すると、こういうコトバがつい頭に浮かんでしまう。

●ものをもらったら「ありがとう」

●お世話になったら「お世話様でした」

●頼み事は「お願いします」

●お詫びは「失礼しました」


などなど、生活する上での基本マナーですがアスペ夫人には、この語彙がない。

「やってもらって当たり前」と思うのがアスペルガー症候群だそうです。

でも、本当に脳の障害なのでしょうか?また特別な性格、特性というらしいですが・・・。

まぁ、とにかく驚くほど「失礼」が多い。

その都度、こちらがムッとする訳ですが、アスペルガーは、こちらの気持ちを図ることはできませんので、なお落ち込みます。

先日、節分の時に、恵方巻を作ったので、お裾分けにアスペ夫人宅に伺がった。

ドアをあけて「まぁ~恵方巻作ったの?マメね~」と言われたのにはショック。

いつも、こんな調子で、毎回へこむ。

やはり、社会でうまくやるにはアスペルガーは人に問題が多すぎる。ネットや本に、会社ではアスペルガー症候群の人の良い部分を伸ばしてやろう!などと、たわけた事をいってるが

周りの被害者の心のケアの方が大変なのでは?と思う。

周りの社員は心身症になって辞めていくのがオチである。

決して、アスペルガー症候群を否定しているわけではなく、障害者として扱うのではなく、周りの被害のことを考えないと、バランスとれない。