読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

自己愛すぎて!夫の病状に興味なし!

アスペ夫人が自己愛性人格障害じゃないか?と思うのは・・・・

こんな例

昨日は、夫の通院の日

血液、尿検査の結果は、腎臓については数値は良かった。ところが、糖尿病の数値が出た。

するとアスペ夫人は、腎臓の数値を見て、

「あ~良かった。私が作る料理は間違ってなかった。数値が悪いと、私の料理が悪いと言われて、私自身が全否定されるとこだった、あ~良かった」

と言った。

これ、おかしい。

このどこが悪いの?となる。

しかし、通常の検査結果の安堵の順番。



結果が良かった

夫が回復して良かった

自分が作る腎臓病料理も間違ってなかった


という順番である。

しかしアスペ夫人は、夫のことは一言も触れず、自分が肯定されたことの安堵感だったのだ。

この自己愛には驚いた。

現実は、糖尿病の疑いが出てきたので、自分が肯定されたと喜ぶ場面でもない。