読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

夫の病気に興味なし

人の好意を無にする
人の顔に泥を塗る

などという、あまり歓迎しない言葉があるが

アスペルガー夫人は
そのオンパレードだ

そして、ことあるごとに、傷つくのだ。

●パートナーに皮膚炎ができた

いろんな用事で、パートナー宅を訪れることがある。
アスペルガー夫人と接触しなければならないので、できるだけ行きたくないのだが。

ある日、パートナーの足に湿疹が出来たというので、足を見せてもらったら、すね辺りに赤いブツブツができている。

どうもアスペ夫人は、夫の病気に関心がないようで、ほうってあるようだった。
だからかどうか知らないが、そういったことをパートナーは私に相談する。

この日は丁度病院でもらってきた、痒みを押さえる薬の予備が家にあったので、持参した。

実は、これは痒みの初期なら効くが、炎症が進んでしまうと効かない。

なのに、なぜ持参したのか・・・


理由は、
アスペ夫人に夫の皮膚炎に興味を持って欲しかったからだ。

私が、薬を持って押し掛け、夫の身体を心配している態度を示せば、あわてて皮膚炎に関心を寄せるのではないか?というかすかな期待があっての行為だ。



ピンポンとチャイムを鳴らし、アスペ夫人が出てきた。

私は軟膏を差し出し「これ、家にあった病院からもらった軟膏で、初期なら治ります」と言った。

するとアスペ夫人は

「あら、その薬ならあるわよ!」と私を玄関に立たせたまま、奥に行った。

パートナーも、出てきた。

夫人は手に軟膏を持ってバタバタと戻ってきた。

「ほら、これ、これ、同じものでしょう。この前、クリニックに行ったときにくれたのよ。あるからいいわ・・・」と、私に言った。

さすがにパートナーは、夫人をたしなめるように
「いいから、もらっておきなさい」と言った。

アスペ夫人は、仕方なく受け取った。



帰り際に、パートナーが一言

「ありがとう」と言った。



・・・・・言葉の裏を読めないのがアスペルガー症候群の大きな特徴である。

夫が皮膚炎に不安がっていることを夫人は分からない。

ヒトに関心がないから、夫の皮膚炎なんてどうでもいいのだ。

これが大病なら命に係わる
アスペルガー症候群は脳の病と軽く見てはいけない。


そして、パートナーの命に係わる大事件が起こったのだ。
詳しくは後に。