読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

平気で嘘をつく人

・・・そういう本が昔流行りましたね。

アスペルガー夫人もそうなんですが

たぶん、自分が一番大切なので、なんとかつじつまを合わせようとするとつい嘘をついてしまう。

悲しい病です。

ただ、わかる嘘なので、言われた方は返って馬鹿にされたようにも感じます。

●主人の実家は魚は醤油漬け

これ、どういうことかというと

アスペルガー夫人曰く

東京湾沿岸で生まれ育った主人は、小さい頃から魚の切身は、味噌漬けにして前の日から漬け込み、翌日焼いて、醤油をつけて食べていた」と言うのだ。

すなわち、醤油漬けにした魚はご主人の子どもの頃の味だと言う。

なんだか可笑しいなぁと

その時、感じた。

なぜって

私も生まれ育ちは、ご主人と同じエリアだから食生活も似ている。

江戸っ子は、魚の切身を味噌や醤油づけ
すなわち「西京漬け」はしないのだ。

江戸前の新鮮な魚は、生で食べるか、サッと煮るか焼くかで、魚の味を生かした調理をする。



しばらくして、夫すなわちパートナーに聞いてみた

「おたく、小さい頃から、魚を味噌や醤油に漬け込んで焼いて食べてたの?」

するとパートナーは

「いや、味噌や醤油には漬けないよ、それって京都から西の食べ物じゃないの?だから「西京漬け」と言うんだよ」

やっぱり!そうでしょう!

夫人がなぜ、バレる嘘をついたのか理解不能。

確か夫人は、山口県出身だ。

たぶん、夫人が子どもの頃に、よく西京漬けを食べていたのだ。

自分が食べたいから、夫の好物と脳が決めつけて
ずっと食べてきたのだ。

夫は、好きでもない味噌漬けを食べさせられてきた訳だ~

でも、魚の食べ方くらいで
嘘をつく理由が、わからないな~