アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

親戚の話を延々と話続けるアスペ夫人。自然と耳にふたをしてしまう。

昨日、見舞に行った時、アスペ夫人全開!

私は、ご主人の体調や血糖値などの話は聞けず、アスペ夫人のマシンガントークを聴くはめに。

話の内容はわからない。耳が勝手にふさいでしまう。

しかも、アスペ夫人は目を見開き、私の目をじーっと見ながら話すので、私は、下を向いてひたすら話が終わるのを待つ。

私が聴いていようがいまいが関係なし。

とにかく喋りまくる。

時々、私やご主人が会話をする。
誤解のないように。

仕事のことや体調のことなど、私がご主人に聞きたいことを話す。アスペ夫人の話を遮ってしまうが、仕方がない。

私には関係ない話を延々としているので、聴くのも辛い訳。ご主人も私に気を使って話しかけるのだ。

悲しいのは、そうやってご主人が来客に気を使っていることがアスペ夫人にはわからないのだ。

アスペ夫人の話はたぶん、父親のこととか、ご主人の親戚の話など。私は親戚を知らないし、興味もないことだ。

皆が会話に参加できるネタを話すのが会話。そんな会話の常識もわからないのだ。

本当に脳の障害でなければ、怒鳴っていただろう。