アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

人に正しさを求め、人より有能を語るアスペ夫人の

5月5日にご主人の転院先の病院に見舞に行った

別段、問題が起こることはないのにアスペ夫人がいると、さざ波が起こるので
本当に辛いのである。

それは微に入り細に入りなのである

面会で、3人で雑談していたときのこと
私は、この病院はあまり知らないし、ケアマネージャーが、この病院はリハビリ室が広いと聴いていたので、話の口火を切った。

私「この病院は、リハビリ室が広い・・」と言ったところで、アスペ夫人が私の話を遮って

アスペ夫人
「広くなんかないわよっ!●△のほうが広いわよ」といい放った。

私は苦笑して言った
「あのね~、私が言いたかったのは、ケアマネから、この病院はリハビリ室が広いと聴いているので、使えたらいいね、ということ」

そしたらアスペ夫人は黙ってしまった。
さすがに自分がお先走ったな、と思ったのでしょう。

人の話を遮るのも失礼だし、リハビリ室が広いか広くないかの話をしている訳ではない。

要するに私が知ったかぶりして、ここのリハビリ室の広さを語ったと勘違いしてアスペ夫人が先走って、反論したのだ。

ただ、問題はアスペ夫人はこの病院のリハビリ室はみていないのだ

あぁ、めんどくさい。

ただ、、人から聴いた話を伝えた訳で、それをそんなに強く否定しなくても良いと思う。
しかもアスペ夫人も見てないのに。

アスペ夫人の頭の中は
「私のほうが病院のことは知っている。貴方はリハビリ室を見てないのに、なんで広いと言うのか?」という怒りみたなものだった。

雑談だし、人から聴いた話を言ったまで。

普通の奥さんの返事なら
「そうなんですか、じゃあ今度、体調がよくなればリハビリを頼んでみようか」となる。

アスペ夫人に会話をする能力がないのか、本当に失礼な言動にはほとほと疲れる