読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

ケアマネージャーからも敬遠されたアスペ夫人!

今、ケアマネージャーがついたので、いろいろサポートしてもらっている。

廊下やベッドの手すりや、リハビリの手配などだ。

しかし、怖れていたことが現実になった。

ケアマネージャーがアスペ夫人に疑問を持ち始めて、「奥さんの方が診てもらったほうがいいんじゃないの?」と言われた。

いくつか話してくれた。

病院に書類を書いてもらってくれと言っても実行しない。普通は、奥さんが、すぐ書類を病院に持っていくとのこと。

それで、私が聞いた
「それを言った時に、いくつも頼まなかった?」

ケアマネは
「3つくらい頼んだ」という。

私は
「ひとつだけにして欲しい。3つも言ったら、何を先にやれば良いか判断できないから。それに紙に書いて渡さないと理解できないから」と言った

ケアマネは、これから考えを変えて、ひとつだけ言うようにします。とのこと。

加えてケアマネが言った
「書類を病院に出してないのに、リハビリを早くやりたいとせっつくのよ。だいたい書類を出してから1ヶ月くらいかかります」

「それにね、リハビリの施設だって、予定が決まっていて、割り込むのは難しいんです。相手あってのことですから」

私もそれには頷いた
「先方の予定、人員の確保、いろんなことがあり、急にリハビリをやらせろと言っても無理ですよ」

そしてケアマネが
「そのリハビリ施設の人との打合せの時にびっくりしたのはね、『主人と結婚記念日に散歩した』と言ったんですよ。打合せとは関係ない話でしょう。

それに、早口でしゃべり続けるんだけど、ほとんど必要ない話ばかり。

先方も時間で動いている人たちだから、ほんと申し訳なくてヒヤヒヤしたわよ」と言った。

私も言った
「だいたい奧さんの99%は必要ない話だからね」

ケアマネが
「やっと貴方の言ってることが理解できた。ごく普通に接していると、ニコニコと明るい奥さん。としか思わないからね。こういう人だとは、誰もわらないわよ。奧さんの方が病院で診てもらったほうがいいんじゃないの?」と言ったのだ。

まあ、アスペ夫人は、こちらに関係ない話を一方的に話しまくるので閉口する。

先日、バスで一緒の席になったが、40分間しゃべり続けていた。病室でもおしゃべりするので周囲の患者に迷惑な話だと思う。

とにかく、たにんの気持ちがわらないし、空気を読めない。思い付いたことを口にする。人が傷つくことも平気で言う・・・。

アスペルガー症候群の典型である。外からはなかなか判断できない。付き合って始めて、異常に気がつくのだ。