読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

油断大敵…私の失敗

またまた、ご主人が入院となり、アスペ夫人もストレス発散したほうが良いと、情け心を持ったのが間違いのもと。


病院で、アスペ夫人に久しぶりに夕食を食べようと誘った。自宅近所の居酒屋さんなので、もちろんご馳走するつもりで。

おおよそ19:00に集合ということで、私は電車、アスペ夫人は自転車で店に向かった。

19:00には店に着いた。しかし、待てど暮らせどアスペ夫人は来ない。店の人にも、今、自転車で向かっていますから、と伝える。

そして、19:40やっと到着。どうも、自転車を家に置いて徒歩で店に来たようだ。

それならまだ我慢できるが、帰る途中にスーパーで買い物をしていたというのだ。

ええっ?

それなら電話1本くれれば良いのに、40分待たせたのに侘びのひとつもない。

しかも、アスペ夫人が会計を済ませてしまった!

こちらが誘ったのに、ですよ。

こちらの面子がない!!

人とのお付き合いのルールがあって、誘ったほうが出すという暗黙の了解がある。

しかしアスペ夫人は、社会やお付き合いのルールがわからない。

このトラブルは、私がいけない。

何故なら19:00集合、私がお金を払う、とハッキリアスペ夫人に言わなかったからだ。

アスペルガー症候群は言葉の裏や人の気持ちを読めないという。その典型的な出来事だ。

うっかりミスであった。