読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

ご主人より奥さんのケアが必要なんじゃない?

とにかくアスペ夫人は、一方的にマシンガンのようにしゃべる。

そのほとんどは、聞いても仕方がないこと。よくアスペルガー症候群の解説にあること。

例えば、

★今日は、午前中病院に夫を見舞いに行った。
という話を

アスペルガー症候群の人はこうなる

★朝、起きて、ご飯を食べたんだけど、玉子かけごはんにしたの。コレステロール心配だけど、いいやと思って食べた。それから洗濯物をして、11時に家を出て、バスに乗り、駅まで行った。時間は11:30で、いつもは混んでるけど、早かった。それから駅からバス乗り継いで、病院に行ったのよ。

となる。


ほとんど必要ない話だ。聞く方も時間ももったいないし、迷惑な話が多い。

今、ご主人にケアマネージャーがついたが、その人が言う

「この前、リハビリ担当者との打ち合わせに、奥さんが来て、4月4日は結婚記念日だと言ったのね、打合せに必要ないことだし、ほとんどの話は聞いても仕方がないことばかりを長々としゃべる。先方の時間もあることだし、相手のことは考えられないのかな?」
と言った。

私は、それが発達障害なんですよ。と言いたかった。

そのケアマネが「ご主人より、奥さんのほうをケアしたほうがいいんじゃない?」と真剣に言っていた。