読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

久しぶりにアスペ夫人に会う。夫再再入院!

本日、16:30アスペ夫人から電話。

なんとなく、嫌な予感がした。

アスペ夫人
「今日、主人が緊急入院になったの。血液にバイ菌が入って、はい血腫になった。土曜日くらいから体調がおかしくなって!ここんとこ、いろいろあったでしょう~?」と意味深な言い方だ。

要するに土曜日に体調が急変したという。

アスペ夫人は何を言いたいのかというと、

前日の金曜日に仕事仲間が、ご主人を誘ってささやかな宴を開いてくれたのだ。

もちろん、ご主人は酒無し。

その宴に、アスペ夫人は呼ばれなかった。
その当て付けなのか、金曜日の宴のあとに体調が悪くなったのだと強調する。

ある程度歩けるし、リハビリにも通っている。食事もまうまあ大丈夫という回復ぶりと聞いているので、ご主人は友人の誘いを受けた。奥さんは普通は遠慮するわけで、誘われなかったからといって逆恨みするのもどうかな?

それから、4月3日にお花見をした。近所の友人知人と桜の下でお弁当を食べたりした。それも、アスペ夫人は快く思っていない。

私は、夫人の意味深な言い方で、それらのことが原因で体調がおかしくなったのかと一瞬、ぞっとした。

アスペ夫人は、たぶんその花見や宴会のせいで入院したと言いたかったのだろう。

要するに「家から出さない、出れば悪化する。私が家で徹底的に面倒見ていれば治るのだ」と思っているので、他人からの誘いを嫌っている節がある。

そんなアスペ夫人の変な言い回しを聞いたので、急に不安になって、病院に駆けつけた。

そして、18:30には病院に。

ナースセンターで医師から呼び止められた。

医師「実は盲腸の膿が出ていて、それを注射で抜き取る手術をします」と言う。

あれれれ??
も、盲腸??

アスペ夫人が電話で言ったのは、血液に菌が入ったという説明だった。しかも、「ここんとこ、いろいろあったからね」と言った。

①私主催の花見に参加したこと4月3日

②6日に初リハビリ。ケアマネが企画したもの。

③仕事関係の宴会4月7日

要するに、アスペ夫人が手掛けてない、イベントに主人が参加したから、菌に冒されたという訳だ。

だから、3つのイベントのせいだといいたかったようだ。

ところが・・・盲腸??

よくよく医師の話を聞けば、虫垂炎が悪化したのであり、疲れや無理して行動してなった病気ではないことが判明。

また、アスペ夫人によくよく聞けば、5日か6日くらいから具合が悪く、便秘、尿も出なかったらしい。

すると、友人の宴会から具合が悪くなったと言うのは、アスペ夫人の思い込み、言いがかりということになった。

アスペ夫人は、自分が宴に呼んでもらえなかったからその腹いせに私に責任を追わせようとしたのだ。

今までの経験上、アスペ夫人は、自分は悪くなく、他人が悪いという感覚を持っているので、何かあれば責任を追わされるなぁ~と思っていた。

結果、アスペ夫人が早期にご主人の盲腸に気づかず、放置していたという管理不行き届きということになりました。

38度という高熱が出たとのことで、土日で病院が先生が休みなので、月曜日に病院にいくことにした。というので

私が「土日でも、体調が変化したら病院にいったほうがいいよ。土日でも、医師はいるし、主治医も、いつでも来るように行っていたよね」と言った。

自分で判断してはいけないのだ。素人判断はだめです。

それから

何でも人のせいにすると、バチが当たります。

久しぶりにアスペ夫人に会い、驚いたり嫌な気分を味わいました!