読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

病院に緊急避難した事実!

昨日、久しぶりにパートナーと仕事の話を含めて会った。

驚くことを口にした

2度目の入院の理由は、家での介護生活の破綻から、主治医になんとか入院させて欲しいと相談して、緊急避難したとのこと。

アスペ夫人の夫への過剰介護、過干渉などがエスカレートし、精神的に限界だったということだ。

過剰介護とは、完璧に介護しなくてはならないと思うあまり、箸の上げ下げまで指示してしまう。
そして、自分は完璧にできていないのでは?と被害妄想に陥る。
そんな状況だったようだ。

ここでとても重要なのは、『アスペ夫人は自分の介護のやり方を心配しているのであって、夫の身体を心配してる訳ではない』

ということだ。

だから、夫への過干渉により、夫の心身が疲弊しているなどとは感じないのだ。

自分のことが一番大切なのだ。
だから、なかなか夫の病気が好転しない。

アスペ夫人は興奮すると目がつり上がるとのこと。(私も経験あるが般若のような恐ろしい顔になる)
そして、怖い顔になってると注意すると、アスペ夫人は、はっと我に戻るそうだ。

そして、物忘れが激しい。
同じことを毎日忘れてしまう・・・。
薬を毎日忘れるらしい。

パートナー(夫)は一時は自分より、妻のほうが心配だったと苦悩を述べた。病床にありながら妻のことを心配するのは辛かっただろうと思う。

やっぱり・・・。

私が懸念していたことだ。

パートナーは、限界に気がついて病院に逃げ込んだが、この脳の障害によって無意識の犯罪がおきている事実。

アスペルガーは周囲が暖かい目で・・・などという甘い話ではないのだ。

人の命、人格まで狂わせる怖い病なのである。