読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

テレビで大人の発達障害をやったけど・・・。

文句言うわけじゃないけど・・・

テレビのワイドショーで、発達障害をやってた。

ある主婦にスポットを当てていた。

結構、期待してたけど、やはりガッカリ!

一般的な情報しかなく、しかも「これって誰でもあるよね」という域。

とても深刻には描いておらず、精神科の医師が出てきて「まず知ることと周囲の理解」というちんぷな〆で終わった。

まぁ、実際経験してない構成作家か、若いディレクターがやってるら仕方ないけどね。

発達障害を「物忘れ」というふうに描いていた。
しかも、不燃物のごみ捨てを忘れるとか。

ええ~っ?ですよね。

カレンダーに書いておけば良いし、物忘れなどは誰でもある。そんな内容だから、コメンテーターも複雑な表情だったし、コメントも軽かった。

その主婦も、終始ニコニコして受け答えてるし、とても障害があるように思えない。しかも、引きこもりという。

引きこもりの人が取材にニコニコなんかできないよね。

せっかくの特集なのに残念だった。

もっと深刻な問題があるのに。
そして、周囲の理解だけでは、解決しない障害です。家庭内のことに終始してたけど

本当は地域や職場でも困ってることが多い。
そこを取り上げないのは、テーマの説得力がない。

取材力がないなと思ったのは
「人とのコミュニケーション」の部分。

例は、友だちとの飲み会で、一人がダイエットしてるんだ、といいその主婦が笑いながら「あまり効果がないから、やめたら」というシーン。ここは???。

発達障害の人は「あなた太ってるね」と直接的に言います。

発達障害の人は、人が嫌がることを平気で言います。
「その服似合わない」とかね。

だから、そのテレビのシーンも説得力なし。

マスコミの無責任さが、見えた番組だった。