読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

ていたらくぶり・・・を唱えるアスペルガー

昨年11月にアスペ夫人のご主人が入院したとき起きた出来事。

入院し、まさに病室が決まり、ベッドの準備などしている時にアスペ夫人が言ったことは

「このていたらくぶり」と。


そして、今年2月の2度めの緊急入院。
私は用事があり、翌日かけつけた。

そしてアスペ夫人はこう言った

「このていたらくぶり」と。

今回も、緊急入院で病状も判らずに心配して駆けつけた私に、アスペ夫人はこう言ったのである。

最初に入院したとき、身体はネフローゼでパンパンに浮腫み、水も飲めない、食事もできない、お小水も出ないで、ふーふーいっている夫を前に、アスペ夫人は「ていたらく」と言ったのだ。

その時の違和感といったらなかった。
なんで、こんな時に、こんな言葉を吐くか?と。

それは、命は助かるのかどうかもわからない
そんな状況で「ていたらく」を言うのか?

ということと、「ていてらく」とは、他人に対して批判する言葉だからだ。

[ネットの検索例]
みな一流大学を出ていても目先の利益を貪るばかり。そしてこの低たらく。

自分でやると言っておきながらのこの低たらくぶり。

大新聞の記者がこの低たらく、まったくあきれるばかりです。etc……

という使い方だが、アスペ夫人はいったい何を言いたいのかを考えた。


■見舞いに駆けつけた人には御礼と病状の説明をするのに、それを飛ばして、何故「ていたらく」と言ったのか?

仮定だが・・・

①自分の食事療法が間違ったのか?
②自分は、看病をこんなに頑張ったのに悔しい
③自分が完璧な看病が出来ずプライドが傷ついた

ということなのでしょうか?
終始夫の身体を心配する言葉はまったく聞かれなかった。

あくまで、自分が看病できなかったことへの悔しさなのだ。

私も含め、見舞に来た人は、患者の体調や症状、退院の見込みなど、患者本人のことを聞きたいのだ。

しかしアスペ夫人の場合は、自分の話しかしない。

やはり、上記を見ると

アスペ夫人の場合は、アスペルガー症候群自己愛性人格障害の両方あるのではないかと思う。

とにかくご主人の身を案ずるばかり。