読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

突っ返された!!

突っ返す!

よく、表現されたり、使われる言葉だ。

ただ、自分は今までやったことはない。
モノを本人の目の前に乱暴に出す行為自体が失礼にあたるからだ。

しかし、突っ返されたことはある。

もちろんアスペ夫人からである。

乱暴に、行為として突っ返されたのではない。
気持ちとして、突っ返されたのである。

パートナーが入院中に何度もおきた。

というのは、いきなり入院となり、歯磨きやカップ
洗面器、タオル、携帯の充電器など揃えて病院に向かった。

そして、退院の日に

アスペ夫人が
「これ、ありがと」といって、充電器を突っ返されたのである。

借りたものは、一旦、家に持ち帰り、きれいにして、お菓子かなんか添えて返すものだ。

退院のときに返されても、こちらが荷物になるだけだ。

アスペ夫人は、持って帰るものが1つ減った。という感じだった。当たり前のように私に突っ返えしたのである。

アスペルガー症候群は、人の心の裏側とか、真意がわかりづらいという。

借りたものは、返すだけのアスペ夫人、感謝の気持ちが伴わない・・・。