読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

アスペ夫人に対峙する恐怖

電話にせよ、対面にせよ、アスペ夫人と対峙する度に、心が傷つく。

常に人の言うこと、要するにアドバイスは聴かない。

アスペ夫人が、困っているというので、それに応えるようにアドバイスしても、受け入れないのだ。

例えば

「主人のカロリーが足りないの」と言うので

私が

「じゃあ、処方で手にはいる高カロリーのドリンクあるから」と言うと

アスペ夫人
「あっ、あれダメ、まずいの、病院で残ったのを持ってきたけどね~」


「そのまま飲むのはまずいらしいけど、加工すれば」

アスペ夫人
「シャーベットにしたけどまずかった」


「それをゼリーに加工したりして、食べやすくすれば?」
シャーベットはあまり美味しくないと、何かに書いてあった。

加工というのは、ゼラチンを入れてゼリーにして、その上に果物や生クリームで飾るということ。そんなふうにすれば、デザートとして食べられる。

すべてNOを突きつけてくるアスペ夫人。

このあたりで喋るのが嫌になるというか、ばかばかしくなる。

どんなアドバイスしても「そうね、ありがとう」が言えない。拒否することで、自分が優位に立ちたいのはわかるけど、こちらも時間があるので、遊びには付き合えないなぁというところ。

そして、アスペルガー症候群の方は、人に困ってるなどと相談してはいけない。

応えたほうが傷つくのがオチ!