読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

看護師にプチ切れる…!

14:15頃 病室に来たらアスペ夫人がいない

まぁいいかと、ご主人と話をしてると

看護師が新しいインスリン注射器を説明にきたのだ

ご主人に説明を始めた

するとアスペ夫人が表れた。
無言だ!顔は見てないがムッとしてるはずだ。

私が椅子から立ち、アスペ夫人に椅子を勧める。
座りながら看護師に

「14:30からじゃないんですかっ?!」と怒りをあらわにする。

看護師

「少し早めですが・・・」と困った様子だった。

時間にして14:20くらいだろう。

アスペルガーは、数字にきびしいという。
14:30といったら14:30に来ないといけないのだ。

それと、自分をそっちのけで、説明を始めていたことに苛立っている。

看護師はしどろもどろで、アスペ夫人に説明をしている。

その後のアスペ夫人のイライラはつのる

注射器の使い方を指導中、まったく夫のサポートをせず、立ったまま。

仕方ないので、注射できるように私がパジャマをたくしあげたり、裾を押さえたりした。

アスペ監督は外野から「消毒したところわかってるの?」と夫に注意する。

私は指で右腹を差し「このへんですよね」と軽くフォロー。

「評論ばかりする」とご主人に怒られてるのに、また外野から評論?
不思議だけどアスペ夫人は、夫の身体をケアしない。動作として介護しないんです。言葉で言うだけ。

驚愕の事実。

入院して一週間、夫人は風呂も入れてなく身体も吹いていないという!!