読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

平気で嘘をつく人。パート4?5?

今日、病院に見舞いに行ったとき、

ご主人が「病院食がまずい」と言った。特に白菜が味がなかったと。

それで、ご主人の話を受けて

「へえ~?前に入院したのは腎臓病食だったけど、今回は糖尿病食だから、まずい(薄味)のかな?」と言った。

するとアスペ夫人が首をふって、

「いや、今回のほうが美味しいです!」と脇から言った。

ええ~?
アスペ夫人は食べてないのになんでわかるの???

ご主人の話では、今回入院来完食だから、アスペ夫人が食べられる訳がないよね。不可能(笑)

それなのに、きっぱり「こちらのほうが美味しい」
と断言したのだ。

たぶん、私がご主人の発言を受けて、支持するようなこと言ったから腹がたったのかな?

それとアスペルガーは「私が一番病」だから、「病院食のことは、すべて私が知ってる」というように、私を牽制したのかも?


まぁ、以前、私が入院した時も、煮含んだぺちゃぺちゃした白菜に味がなく、閉口した記憶があるので、

「気持ちわかる~♪」と言ってあげたかっただけだけど、

そういったことも許さないアスペ夫人(笑)

アスペ夫人は、病院食を食べてないのに、なぜ断言できるのかなぁ?

なぜ、嘘をつくのかなぁ?
たわいない会話をさえぎって、何の意味があるのかわからない。

アスペルガー症候群は、人と関わると害になるなぁ!