読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

まぁ、こんなことまで意地悪(笑)

「嫌いな人を徹底的に排除する」とネットにアスペルガー症候群の特性が書いてあった

ふむふむ、

なるほど、

確かに、アスペ夫人の意地悪は徹底している

こんなところまでイジワルするの?と苦笑してしまうのですが・・・

そんな一例を。

パートナーが退院を目前にした日

この2ヶ月間の奮闘を記録しておこう、そして、もう二度とこの病室には戻らないぞ、という祈念も含め、パートナーと一緒に写真を撮ろうと思った。

先に、ベッド脇でパートナーとアスペ夫人ツーショットを撮影した。

次に、貴方ならどうしますか?

流れとしてですよ。

通常なら、「じゃ、私交替する。そこ並んで」と撮影を替わるはずだ。

ところが、アスペ夫人は、何もアクションをおこさない。

あレレレ・・・?

私だって撮影してほしいのよ!この2ヶ月間の奮闘を記録したいのよ!と心で叫ぶ。

すると、パートナー(ご主人)が、「看護師さんが、きたら3人で撮影してもらおう」と救いの言葉。

それにも賛成しないアスペ夫人。

通常なら、ここで気がついて「あ、ごめん、ごめん、気づかなくて。私撮影するね」となるはずである。

ところがアスペ夫人はシカトしているのである。しかも看護師が顔を出しても、撮影を頼まないのだ。

仕方ないから、二度目にきた看護師に声をかけて撮影してもらった。

本当に、アスペ夫人は「気が利かない」のか

「イジワルをしている」のか、わからない人である。

※悲しいのは、アスペ夫人がこの写真撮影をする本当の理由、裏側がわからないこと。

退院前に病室で撮影するというのは、パートナーが体調が回復した記念でもあり、看病してきた足跡が垣間見られるから。
やはり、患者も看護もよく戦ったと思う。そんな記憶を写真に留めたかったのである。

たかが写真撮影なのに、
アスペ夫人は、単に「嫉妬」として、私を無視する行動をしてしまったことが悲しい。