読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

病床の夫に怒られたアスペ夫人

入院間もなく、呼吸も苦しそうで、意識もうとうとしている。ネフローゼでお腹も手足もふくれている。

もちろんお風呂には入れない。

・・・で、私が熱いタオルで顔を拭いてあげた。目をつむって気持ち良さそうだった。

それをじーっと見ているアスペ夫人。

翌日、アスペ夫人が夫に向かって「自分で顔拭いて!」と言ったもんで、夫は怒った。

「俺は病人なんだぞ!」と。

こんなふうに怒るのは初めてみた。

それほど、二度の入院で心身疲れているのだろう。

しぶしぶ顔を拭くことになったが、
アスペ夫人は、顔をさらさらっとタオルで撫でて、終わった。

すると夫は、私に拭くのを代われという。

それってアスペ夫人が一番嫌がる行為。
他人が夫の身体を触るわけだからね、でも仕方ないので熱いタオルを換えながら顔や耳の裏まで拭いた。

するとアスペ夫人は「貴方は、お父さんを看病してたから慣れてるからね♪」とケロっと言った。

こういう時は「ありがとう」か「すみませんね」
でしょう(笑)

しかも、こういうのは馴れではなく、顔拭いたら気持ちいいだろうな~という、気持ち、家族への、夫への愛情があれば出来ることだよ。