読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

腎臓病でも塩分押さえない恐怖

道理を言ってもアスペ夫人は聴かないので、どうしても、子どもに言い聞かせる、さとすような言い方になる。

すると逆上する恐怖!

入院初期、アスペ夫人が病室に食べ物をたくさん持ち込んだときのこと。
しかも、塩辛いものを。

帰りに、アスペ夫人に、塩辛いものは避けたほうがいいのでは?と言ったら

ア「先生から自宅食を持ってきていいというから持ってきたのよ」

私「メニューは自宅食でいいけど、腎臓が悪いんだから、味は薄くしたほうがいいよ」

ア「少ししか食べないし、大丈夫。夫は梅干しとか塩こぶが好きだから」

私「量の問題ではなく、塩分を控えたほうが」

そういう不毛なやりとりをしたあげく、激しい言い方でアスペ夫人は逆上して怒った。こうなると止まらない。

持論を曲げないから
人に嫌われるんだね。

「そうね、そうするわ」と何で言えないんだろ。