読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

それは韓国料理店から始まった!

今日は、パートナーの月に一度の通院。

帰りに、韓国料理を食べようと、店に入った。

私とアスペ夫人は生ビール。パートナーはマンゴージュースを頼んだ

そして、ドリンクが運ばれてきた

パートナーはグラス半分ほど、ゴクゴクと飲んだ

すると、それを見ていたアスペ夫人が

「あ~半分も一気に飲んじゃって~、一気に飲みすぎよ」と言った。

パートナーが
「どのくらい、しかも、一気に飲もうと飲むまいと、いちいち言うな!オレが飲むところを見るな!」と声を荒げた。

すると、アスペ夫人が

「だって、水分などは、私が調整してるんだから」と言った。

私が「それと、これとは違うことだよ。少しづつ飲むのか、一気に飲むのかは、本人の自由にさせてあげればいい。飲むところを見てないでいいんだよ」と言いました。

そして「子供じゃないんだから、それくらいは自由にさせてあげても」と言うと

アスペ夫人「だって、子供だもん」と言いました。

やっぱり。

アスペルガー症候群は、人をモノのように所有、束縛する。それが強く出ると、子供のように扱いだすのだろう。

夫の箸の上げ下げまで、見て注意をしている。

夫は、そんなに管理せせるのであれば、精神がおかしくなると言いました。

アスペ夫人の形相が変わってくる。

そして、アスペ夫人は
「私は介護を一生懸命やっている。でも、みんなが、私が何も出来ないと思って、あれこれ言ってくる。私を駄目人間と思ってる」と言い出した。


私「そうではなく、誰でも、素人は病気の介護はよくわからないから、知ってる人が、助言してくれているだけ、親切に言ってくれているのに、そんなこと言っちゃだめだよ」と言った。

そして私「みんなって、誰のこと?」と聞くと

「貴方やケアマネよ」とアスペ夫人が言う。

あまりにも、ひどい言い方だし、感謝や恩の気持ちもない。

脳の病気とか、言ってられない!

人間として、言ってはいけないことを言ってしまうのもアスペルガー症候群