読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

暗黙の了解はわからない

パートナーが体調不良で検査、即入院となったときのこと

パートナーも夫人も今まで、入院経験なし

病院は意外と、家族がしっかりしないと、適当に扱われることがある

そこで、私が家族の一員、アスペ夫人の妹として、登録することにした。それは、3人の暗黙の了解だ。
もちろんアスペ夫人には、口頭で伝えた。

ところが、初診の先生から、私に「奥さんですか?」と聞いたら

アスペ夫人
「妻は私です。この人は関係ありません」と私を指差して答えた。

ええ~?

家族と決めたじゃん。

そうだ、そうだアスペルガー症候群は、暗黙の了解がわからない、便宜上の嘘がつけないんだ。書類上そうしよう、などいうことはわからないのだ。

つい本当のことを言ってしまう。

というか、そういった決め事が!後々どういう意味を持つのかが理解できない。

要するに、個人情報とやらで、家族にしか病状を知らせないのだ。だから、家族として登録し、医師から話をきけるようにしたのだ。

そうしないとアスペ夫人は、正確に話を聞く能力がないし、判断、対応ができないからだ。

後々、転院やカルテ開示の大騒動が起きる訳だが、
その騒動を更に大きくしたのはアスペ夫人なのだ。

それは紹介状と検査データを勘違いして、主治医に頼んだのだ。なんどいっても、その違いを理解できない。

ま、そんなこともあろうかと、家族の一員として登録したのだが・・・。