読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

空気が読めない

その、パートナーが病気になって以来

入院、退院、転院

はたまた、入院のしきたりを手取り足取り教えてきた・・・

身体を拭いたり、吸い飲み、ガーグルベースの使い方、パジャマや洗面用具の準備などなど、現場でアスペ夫人に教えながらきた。

すべては、困っているからと、無我夢中で補佐してきた

御礼や感謝の言葉をもらいたいのではない

しかしながら

ちょっとした御礼の言葉は、一般の礼儀としてあるが

アスペ夫人の場合は皆無に近い

というか、人の親切は当たり前という意識

これも、アスペルガー症候群の情報に載っていたことだけど…。


市立から国立への転院の手続きと、病室がなかったので、費用は私が負担するからと個室を頼んだ。理由は、一刻も早く入院させないと手遅れになるという状態だったからだ。アスペ夫人はそういったことがわからない。

個室に入って、やれやれと思ったとき

アスペ夫人が

「あ~、ありがとう」と言うので、流石のアスペ夫人も人としての気持ちが出たのか・・・

と、思ったら大間違い

「あ~、ありがとう、このコップ返すわ」

だった!

コントで言えば、ズッコケる図


その場の空気というのは、やはり

「あ~、ありがとう。やはりこの病院に移って良かった。お陰さまでした」

でしょう?