読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

命より野菜の歯ごたえ!!!

腎臓病患者の食事には、低タンパク、高カロリー、低カリウムという制限がある。

特に、野菜や果物にはカリウムが入っている。

それを軽減するには、生野菜なら長時間水にさらしてから使う。あとは茹でて使う。

果物も少量なら生でもいいけど、たくさん食べるなら1度茹でこぼし、シロップで漬けるなどする。

缶詰めがよいのだけれど。

アスペ夫人は食への独自のこだわりがある。

でも、
恐ろしいことに、夫の身体を重んじるものではなく、自分が良いと思っていることを実行する。

野菜は茹でない。

なぜなら、茹ですぎるとシャキシヤキしないからだという。

それは、わかるけど、健常者ならいいけど、腎臓病患者だよ!カリウム減らさなきゃ!

野菜は茹でなきゃだめなんだよ~。

でもアスペ夫人は、頑固に茹でない。

恐ろしいことに、自分の食へのこだわりが優先で、旦那の身体は心配してないんだ。

歯ごたえ??命より大切?

とにかく、アスペ夫人は腎臓病食を研究していないことは確か。


野菜は
カブより大根のほうがカリウム少ないのに、カブばかり使う。

肉は鶏肉や牛より豚肉しかも
ヒレよりロースのほうがタンパクが少ない

なのにヒレを使う


少し勉強すれば、成分制限など慣れるはずだが、アスペ夫人は、「夫は食べる量が少ないからいいのよ」という。

まてまて、そういう問題かな?
カロリーは取らなくてはならない。

とにかく、メニューや食材は持論で突き進むので、月日がたってパートナーの腎臓がどう変化するのか心配なのだ。






う~ん、わかんない。