読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

夫よりハム

1月30日、10:30パートナーからSOSの電話が入った

その前に、アスペルガー夫人の夫は、私の仕事上のパートナーで同郷。
長きに渡って仕事をしてきた仲間だ。



このブログの始めにも記したが、書き始めた発端です。

パートナーは、昨年秋に腎臓、ネフローゼを患い入院、透析を続け、なんとか危機は脱した

年末に退院し、通院と自宅での治療が始まった。
薬と食事療法で治してゆく。

そんな折、パートナーから連絡があり
お宅に伺ったのだ

パートナーは、足の痛み、しびれ、薬の副作用である、幻覚などなど、話始めた。

私は、SFみたいな話をうん、うんと聞く。



しばらくして

少しごはんを食べたいと言った。

アスペ夫人は、「ご飯って、低タンパクご飯だけど…」

「それにお昼は14:00ですけど」という。

14:00まで待てと言うんですね。犬じゃあるまいし。



私、「少しなら食べたい時に、食べたほうがいいんじゃない?」と言う。

パートナー「ご飯ないの?」
アスペ夫人「低タンパク飯は、レンジでチンすればありますよ。でも、ご飯、ナニで食べるの?」

私、「なんでもいいんじゃない?昆布の佃煮でも、ふりかけでも」

パートナー「ハムないの?2枚くらい」

アスペ夫人「うちのハムは厚いから、2枚じゃ多いと思うよ」

※塩分制限があるので、ハムはNGの食品

私「じゃあ1枚にすれば?」

アスペ夫人「これでも多いと思う。」

私「じゃあ、4分の1にすれば?」

さすがに、私もイライラしはじめた。

するとパートナーが怒ったように

パートナー「四の五の言わないで、早く持ってこいよ!」

私、「なんでもいいから、早く持ってきたほうがいいよ、少しでも食べれば気がすむんだから」

アスペ夫人、ぷりぷりしながらも、やっと席を立ち「見方ができたもんで、、強がっちゃって」といい放ち台所に向かった。


アスペルガー症候群は、言葉に引っ掛かるという。
今回で言えば、ハムの2枚にこだわり、早く食事を出すというふうに頭が動かない。

本来なら、ハムが厚かったら、黙って1枚または半分にして出せば済むところを、なんで、こんなふうにトラブルになるのか、パートナーの神経がとても不安になった。

患者は、ストレス厳禁
NOも厳禁・・・


これではパートナーの精神が壊れてしまう!!


そして14:00
パートナーは、私に体調やら、幻覚の話などして、安心したのか、食事を終えてスヤスヤと眠った