読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

アスペルガー夫人について

ここでアスペルガー夫人について書きます

仕事上のパートナーの妻

パートナーとは、メディア関係の仕事で組んで長い。

生まれ育ったところが東京湾の近くだったので、兄妹のような関係でもある。

たぶんたどっていくと、祖父母も交流があったのだと思う。

パートナー夫人は中国地方からお嫁に来たので、東京人の感覚にうといところはある。
そんな夫人は、お嫁に来て頑張ったのだろう。

しかしながら、なかなか東京湾沿岸の風土には馴染めない。イライラも募る。

私は、パートナーとは、ツーと言えばカーという、間柄になってしまう。

これは、仕方がないことで、育った風土が同じだから気質も似てくる。だから、ある意味安心しているのだと思う。
仕事上では、いつも一緒だ。

そんな仲で、夫人は私に対して嫉妬のようなものを覚えたのであろう。

私には、いかんともし難い。

アスペルガーは、所有欲が強いという。
夫を独占したいということで

徐々に、私を排除するアスペルガー攻撃が始まったと思う。

それがアスペルガー夫人です。