読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

アスペルガー症候群?

友人で、仕事上のパートナーの妻が、どうもおかしい、おかしいと長年思っていた。

パートナーが言うには妻の「性格だから」と言う。

端から見ると、というか、いや~な体験及び被害があると、果たして性格なのかなぁ~とモヤモヤしていた

そして、片っ端から、症状をネットで検索してみた。

そしたら、ほぼ100%あてはまったのが、アスペルガー症候群だ。

眼からウロコというか、胸のつかえがとれた、霧が晴れたような感じがした。

そんなの関係ないと、ほおっておけば良いのに

何故、奥さんの言動を解明しようと思ったのは、

パートナーが、突然入院となり、あわや命の危険!
という状態になった。

人工透析するという
腎臓とネフローゼの病気になった。

身体のあちこちが膨れていて、何も食べられない。
そんなことになり、即入院。

では、なぜ、奥さんが心配なのか?

奥さんは、超自己中です。

入院してから感じたことは、夫の病に関心がなく、
関心があるのは、自分がどう夫に尽くしたかを他人にアピールすること。

自分がどうみられるのかが心配な様子。

だからあちこちで「私、腎臓をあげようと思ってるのよ」と自慢げに言う。

オイオイ、まだ原因も治療法もわかっていないうちに、夫を重病にするなよ!

と、まあ、そんな具合で
周囲は唖然!

2ヶ月の入院を経て
1時退院。

しかし、入院してくれてたほうが安全だと思っていた。

パートナーの病は、キチンとした栄養管理や心身のケアが大切。

なのに、夫には無関心…。

タンパク質や塩分、カリウム制限もおかまいなし。
タンパク質1日40gのところ100g超え!

本当にパートナーが心配。

アスペルガー夫人から友人を守るぞ!