アスペルガー夫人の考察記

アスペルガーのはてな?なんでだろう?を事実に基づいて綴って行きたい

患者=夫の頼みを聴けない妻

昨日のこと。ご主人が、くるくる変わる病状に不安を抱いているらしく、アスペ夫人にこう言った。「一度、今日の血液検査の結果も聴きたいし、先生に連絡してくれないか?」と頼んだ。するとアスペ夫人は「今、手術中で、今日は回診に来ないと思う。さっきナ…

病室は電話禁止ですよ!

昨日、久しぶりにアスペ夫人のご主人を見舞った。16:00を過ぎてしまい、急いで病室へ。 417号室に。アスペ夫人は、いつものようにベッド脇に座って、何も世話をせず、お喋りをしている。アスペ夫人が席を外したときに、ご主人に「顔拭きましょうか?」と聴い…

困ったちゃんも、自己チューも発達障害?

一時、自己チューとか、困ったちゃん、などが流行ったことがあった。 今にして思えば、それらは発達障害だったのでは?と思う。相手の気持ちを察することが出来ないために、いろいろな摩擦を引き起こす。なかには、きちんと精神科の病院にかかり、治療してい…

アスペ夫人と接触すれば災いのもと

アスペ夫人と疎遠にしておよそ2ヶ月たった。桜も咲いたことだし、知人や姉夫妻も呼んで花見をすることになった。もう、この頃には、アスペ夫人の攻撃や嫌がらせに私の心も癒えていた。 それが大きな間違いと後で気づくのである。三どめの入院。病院でのこと…

油断大敵…私の失敗

またまた、ご主人が入院となり、アスペ夫人もストレス発散したほうが良いと、情け心を持ったのが間違いのもと。 病院で、アスペ夫人に久しぶりに夕食を食べようと誘った。自宅近所の居酒屋さんなので、もちろんご馳走するつもりで。おおよそ19:00に集合とい…

ご主人より奥さんのケアが必要なんじゃない?

とにかくアスペ夫人は、一方的にマシンガンのようにしゃべる。そのほとんどは、聞いても仕方がないこと。よくアスペルガー症候群の解説にあること。例えば、★今日は、午前中病院に夫を見舞いに行った。 という話をアスペルガー症候群の人はこうなる★朝、起き…

お腹からピゅーっと!

アスペ夫人のご主人が盲腸の悪化で、再再入院した。病院からの帰りにアスペ夫人が言ったことにびっくり!!!アスペ夫人の友人のH子さんは、夫人の宗教の師で、特殊な能力を持っているらしい。そのH子さんの義理の父が腎臓病だった。お腹が痛くなってので、…

久しぶりにアスペ夫人に会う。夫再再入院!

本日、16:30アスペ夫人から電話。なんとなく、嫌な予感がした。アスペ夫人 「今日、主人が緊急入院になったの。血液にバイ菌が入って、はい血腫になった。土曜日くらいから体調がおかしくなって!ここんとこ、いろいろあったでしょう~?」と意味深な言い方…

病院に緊急避難した事実!

昨日、久しぶりにパートナーと仕事の話を含めて会った。驚くことを口にした2度目の入院の理由は、家での介護生活の破綻から、主治医になんとか入院させて欲しいと相談して、緊急避難したとのこと。アスペ夫人の夫への過剰介護、過干渉などがエスカレートし、…

テレビで大人の発達障害をやったけど・・・。

文句言うわけじゃないけど・・・テレビのワイドショーで、発達障害をやってた。ある主婦にスポットを当てていた。結構、期待してたけど、やはりガッカリ!一般的な情報しかなく、しかも「これって誰でもあるよね」という域。とても深刻には描いておらず、精…

糖尿病の夫に砂糖入のコーヒーを買う妻

昨日、アスペ夫人のご主人をいつも病院に車で送ってくれる知人がこういった。 「この前、ご主人が退院した時びっくりしちゃった」「なになに?」 「あの時、ご主人がコーヒーを飲みたいといったら、奥さんが砂糖入のコーヒー買ってきたので、びっくりしたの…

ていたらくぶり・・・を唱えるアスペルガー

昨年11月にアスペ夫人のご主人が入院したとき起きた出来事。入院し、まさに病室が決まり、ベッドの準備などしている時にアスペ夫人が言ったことは「このていたらくぶり」と。 そして、今年2月の2度めの緊急入院。 私は用事があり、翌日かけつけた。そして…

アスペルガーは他人に対し力の伴わない暴力か?

今日、パートナーと電話で話す。パートナーは、昨年末に慢性腎不全か好転したため退院し、自宅療養が始まった。薬と食事療法で頑張る!ということでしたが、2月21日に再入院。糖尿病が出たからだ。パートナーは再入院前に、主治医に相談したという。自宅で…

アスペルガーの被害者たちを救う道は?

これだけアスペルガー症候群といえる実例を書いてきましたが、どこかでお役にたてているのでしょうか?このプログを書き始めたのは、どのサイトを見ても、職場や周囲の人は脳の障害と受け入れて、支えていこう!というものです。また、解決法方は、精神科に…

突っ返された!!

突っ返す!よく、表現されたり、使われる言葉だ。ただ、自分は今までやったことはない。 モノを本人の目の前に乱暴に出す行為自体が失礼にあたるからだ。しかし、突っ返されたことはある。もちろんアスペ夫人からである。乱暴に、行為として突っ返されたので…

アスペ夫人に対峙する恐怖

電話にせよ、対面にせよ、アスペ夫人と対峙する度に、心が傷つく。常に人の言うこと、要するにアドバイスは聴かない。アスペ夫人が、困っているというので、それに応えるようにアドバイスしても、受け入れないのだ。例えば「主人のカロリーが足りないの」と…

来客中がどうしたの?

義兄が菜園をやっている。 ブロッコリーが、たくさんとれたから、アスペ夫妻にとどけてほしいと、野菜を渡された。ちようど、姉夫妻と出掛ける途中だってので、渡すだけならいいやと、アスペ宅に寄った。姉たちは車で待っていてくれた。ピンポーン!ピンポー…

マインドコントロールの恐怖

マインドコントロールの恐怖。先日、お見舞いに行ったときに、ご主人が言っていたことに「足がアウシュビッツになっちゃって!」とごく普通に言っていたことに驚いた。これはアスペ夫人の口ぐせで「痩せた」ということを「アウシュビッツ」と言うのだ。私や…

送迎してくれて、当たり前。

3月4日(土)。10:00 パートナー退院。知人のクルマで迎えに行く。途中、アスペ夫人を乗せて病院に向かう。後部席に座るが、病気の経緯やどんな体調かなど、なんの説明もしない。 黙って座っている。知人は、忙しいなかを好意で送迎をしてくれているのに、ただ…

空気が読めない悲しさ

主治医が回診にきたアスペ夫人が夫がいかに大変かベラベラとしゃべった。早口で何を言ってるかわからない夫は終止黙っている。聞こえたのは「主人はヘルペスになった。そして頭が錯乱して心配になった」と訴えている。 すると主治医は「ヘルペスも副作用のひ…

看護師にプチ切れる…!

14:15頃 病室に来たらアスペ夫人がいないまぁいいかと、ご主人と話をしてると看護師が新しいインスリン注射器を説明にきたのだご主人に説明を始めたするとアスペ夫人が表れた。 無言だ!顔は見てないがムッとしてるはずだ。私が椅子から立ち、アスペ夫人に椅…

患者(夫)に「死を招く」という無神経さ

入院中にご主人が塩分を心配して私に「佃煮のコブは食べられるのかな?」というので「少なく食べれば大丈夫」と言った。私は続けて「栄養士さんが言ってたけど、ごはんの最後にコブやふりかけで食べるといいと、言ってたでしょ、だからコブは小量なら大丈夫…

主人が悪い!

アスペ夫人の腎臓病食の失敗もあり再入院となったのにアスペ夫人は食事のことの責任を感じてしない。 介護が出来ていないことの責任を感じていないのか? アスペルガーは感じられないのか?私や理学療法士の前でご主人を批判する。というか告げ口する。アス…

平気で嘘をつく人。パート4?5?

今日、病院に見舞いに行ったとき、ご主人が「病院食がまずい」と言った。特に白菜が味がなかったと。それで、ご主人の話を受けて「へえ~?前に入院したのは腎臓病食だったけど、今回は糖尿病食だから、まずい(薄味)のかな?」と言った。するとアスペ夫人が…

言葉の裏を読めないのも脳の障害のせい

アスペ夫人のご主人が急遽、再入院してから一週間たった2月28日に2度めのお見舞い。元気そうで安心した。部屋は1017。病室に理学療法士の瀧沢さんがきて、リハビリの基礎をやった。その時に、家に階段があるかと聞いてきた。アスペ夫人は、キッパリ「階段…

位置は勝手に変えてはいけません!

アスペ夫人が職場をクビになったこと手打ちそば屋に勤めた時のこと店主と他にパートさんが二人。客への注文の取り方や、運び方などなど、基本を教えてもらったときにテーブルにある調味料入れにあった楊枝入れの位置をアスペ夫人が変えて置いたので、先輩パ…

まるでアウシュビッツ?比喩に愛がない

ご主人が退院して、始めて診察のとき、好転してるかドキドキしていた。診察室に入ったときにアスペ夫人は、主治医に 「先生、体重が減ってしまって、アウシュビッツかガンジーなんですよ!」と言ったときは、唖然とした。ん・・・先生も沈黙していた。間違っ…

空気を読めない・・・満腹怪獣

まぁ、よくもこれだけエピソードがあるかと思うほど、アスペ夫人の話はたくさんあるものだ。アスペルガーや自己愛と気がついてから、これだけあるのだから、それ以前に、迷惑を被ったのは半端ないと思う。今、思えば・・・ということ含めつらつら思い出して…

私が、私が、私がぁ~~!!

栄養指導のとき、栄養士がアスペ夫人にスープの味付けを聞いた。「味付けは何ですか?」アスペ「コンソメです。」栄養士「固形ですね、量は?」アスペ「私の分併せて半分です」栄養士「ということは4分の1ですね」栄養士「魚の切り身の大きさは?」アスペ…

そこまで・・・自尊心?プライド???

21日にパートナーが入院し、22日に栄養指導があった。看護師に車椅子を押してもらい、病室から栄養士の部屋へ。前と違う方向に行くので、私が「あれっ?前の部屋と違う・・・」と呟くとアスペ夫人が、ここぞとばかりに「あら、そうよっ!入院患者はこっちなのよ…